TECHNOLOGY 2013.12.24

コミュニケーションツールとしてのGoogle Analytics 応用術

  • Markup
  • Tips

マークアップ・エンジニアのトメです。
googleアナリティクスのリアルタイムレポートって便利ですよね!
最近のアップデートでPC/タブレット/スマートフォンといったデバイスの内訳も表示できるようになり、 解析以外にもタブレットやスマートフォンでの動作をチェックするときなどに活用するケースも多いかと思います。

リアルタイムレポートって何?って方もいるかもしれないので簡単におさらい。
まずはgoogleアナリティクスの管理画面にアクセスし、メニューの「リアルタイム」をクリック。

前日までの統計が表示される普段の解析結果ではなく、今現在のサイトのアクセス数を確認することができます。
ユーザーがアクセスすると数秒後にはリアルタイムレポート上に反映されるので、
PCブラウザのような開発ツールが無くても管理画面で簡単に動作チェックすることができるのが便利ですね。
開発ツールに馴染みがない職種の人たちでも、管理画面からすぐに動作チェックしてもらうことができます。

さて、ここからがコミュニケーションツールとしての本題。

スタティックなページ遷移の計測が主流のgoogleアナリティクスですが、
サイトに求められる表現が多様化し、それに伴い広告としての効果も期待されており、
  1. リッチコンテンツやFlashサイトなど、画面のシーン展開でのページビュー計測
  2. 「資料ダウンロード」などのイベントトラッキング計測

といった特殊なアクセス解析を導入したいといった相談が増えております。

弊社では、このような特殊な解析を実装した際のデバックツールとしてリアルタイムレポートを頻繁に利用していたのですが、最近ではこの機能の特性を活かし「コミュニケーションツール」としても活用しています。

お客様やクライアントと電話でやり取りをする時に相手がどこの画面を見ているのか、どこをクリックしたのかなど細かな状況が分からず、話が上手く噛み合わない事ってありますよね。
リアルタイムレポートだと相手の画面遷移をアクティブページでリアルタイムに確認することができるので、今どの画面を閲覧しているのか、どこでつまづいているのかなどを「電話をしながらすり合わせる」ことができるので、より精度の高い検証を行うことが可能です。

ただのアクセス解析機能ではなく、開発者とお客様を繋ぐコミュニケーションツールとして利用できるのもリアルタイムならではですね。

もちろん、解析ツールとしてもすごく優秀です。
現在のサイトの訪問者がどこの地域に何人いてどのページを見ているのか分かるので、グラフをぼーっと眺めてるだけでも面白いですよ。

ぜひぜひお試しを!